不登校になる様々な原因

不登校の原因は「甘え」である。…そのような考え方の支配的な時代がありました。しかし、個々のケースにおけるデータの蓄積や、研究の進展によって、不登校要因の多様さと根深さがやっと明らかになってきたのです。うつ病、統合失調症、発達障害、アスペルガー症候群、小児慢性疲労症候群(CCFS)、社交不安障害(SAD)など「本人の健康上に関わる問題」ほか、学業、非行が関係するケース、いじめ、など「学校や友達の問題」、コミュニケーションのすれ違いなどに代表される「家庭の問題」など、不登校には複数の要因が関係していると考えられます。子どものSOSに対して先入観をもった判断を下してしまわないためにも、現在明らかになっている「不登校の様々な原因」を理解しておいて下さい。

不登校の原因

統合失調症で不登校に?

統合失調症で不登校に?イメージ

統合失調症の発症頻度は100人に1人以上。実は想像以上に身近とも言える病気です。妄想や幻覚が現れ、やがては登校も困難に。不登校の子どもの言動が「何かおかしい」と感じたら、1度診断を受けさせるべきです。

統合失調症で不登校に?を詳しく見る

不登校の親に共通の特徴

不登校の親に共通の特徴

子どもを不登校にさせやすい親。少なくとも「子どもやパートナーとのコミュニケーションに問題がある親」「問題や変化への対応が適切でない親」の2つを挙げられます。「子どもの気持ちを置き去りにする親」とも言えるでしょう。

不登校の親に共通の特徴を詳しく見る

不登校児童に多い「無気力」

不登校児童に多い「無気力」

小中高ともに、不登校きっかけとして多いのが「無気力」。
近年では「本人のやる気の問題」「甘え」以外の原因に注目が集まっています。その一例が「発達障害」や「小児慢性疲労症候群(CCFS)」です。

不登校児童に多い「無気力」を詳しく見る

アスペルガーで不登校に

アスペルガーで不登校にイメージ

発達障害の一種であるアスペルガー症候群。
不登校の我が子が、いわゆる「普通の子」の言動と何か少し違うと感じたとき。
その違和感の裏側にはアスペルガー症候群が潜んでいるかも知れませんよ。

アスペルガーで不登校にを詳しく見る

「授業についていけない」から不登校に

「授業についていけない」から不登校にイメージ

勉強がわからない…。その無力感が、子どもを不登校にさせる事実。不登校のきっかけとして全体の約1/3近い方が、これを挙げています。今や「不登校防止」の観点から、塾や家庭教師を利用する時代が来た、と言えるでしょう。

「授業についていけない」から不登校にを詳しく見る

非行と不登校

非行と不登校イメージ

中高生の10%以上は「あそび・非行」が不登校のきっかけ。しかし、非行そのものの一因として「発達障害」との深い関連も明らかになってきました。もしかしたら親御さんも、子供のことを誤解しているかもしれませんよ。

非行と不登校を詳しく見る

うつ病と不登校

うつ病と不登校イメージ

うつ病の症状は抑鬱状態だけではありません。「眠れない」「だるい」「頭痛」「肩こり」など身体症状もあらわれるため、学校に行きづらくなるのです。
驚くべき事に、小学生がうつ病と診断されるケースも。

うつ病と不登校についてを詳しく見る

不登校の隠れた原因〜発達障害

不登校の隠れた原因〜発達障害

普通の方と脳の発達が異なる状態。これが発達障害です。情緒障害や言語障害、自閉症や注意欠陥多動性障害など、いくつかの障害を総称した呼び名と言えるでしょう。いずれも、周囲の無理解が不登校を助長する側面も。

発達障害を詳しく見る

いじめが引きこもりの原因に

いじめが引きこもりイメージ

小中学校時代に学校でいじめられた…。引きこもりの方の40%以上が経験しています。また、引きこもりの方の30%以上が10代から引きこもっていることも判明。特に男性は深刻な引きこもりになりやすい傾向があるためご注意を。

いじめが引きこもりの原因にを詳しく見る

不登校の解決策とは

不登校の解決策とはについてイメージ

不登校の「本当の解決」とは何でしょう。1つめは「不登校の原因となる問題や病気が解決すること」。2つめは「再び不登校になる危険性がなくなること」。3つめは「不登校経験が引きこもりやニートに繋がらないこと」。

不登校の解決策を詳しく見る

今話題の「毒親」とは

毒親イメージ

無自覚に子どもの心を傷つける「毒親」。特に小学生などのまだ幼い子どもに対しては、人格形成の面で悪影響を与える可能性も。実際、小学生の不登校きっかけの25%は保護者が原因のストレスなど「家庭」にあることが国の調査データからもわかります。

「毒親」を詳しく見る

症状から考察する社交不安障害

「社交不安障害」(社会不安障害、SADとも)とは、社交に恐怖や不安を覚え緊張状態のことをいいます。当然、不安を回避したがり学校や職場にも行きづらくなるため、社交不安障害が不登校や引きこもりの原因にも。
社交不安障害のいずれもが、その症状のため「他者や社会と切り離される」ことに繋がりやすく、相談や治療の機会を長期間逸することも少なくないようです。ケースによっては早期治療を受けられなかったことで社交不安障害からうつ病や依存症、統合失調症に繋がるなど、より社会生活が困難になることも予想されます。社交不安障害は、単に性格や気持ちの問題ではない、治療法が必要な病気なのです。

様々な社交不安障害について詳しく見る

赤面恐怖症について

不登校の夜間相談イメージ

人前など緊張しやすい場面で「赤面してしまうのでは」と不安になる症状です。この時、実際には赤面していなくても不安症状は消えません。問題はやはり「他人にどう見られているか」「変に思われているのでは」と言った、他者からの視線そのものに対する不安感情です。その意味では「視線恐怖症」とも極めて近いと言えるでしょう。
治療法は、カウンセリングや投薬が中心。しかし「朝太陽の光を浴びる」と言った、今すぐ実践可能で意外な方法も効果的なようです。

赤面恐怖症について詳しく見る

他者の視線が自身に影響する視線恐怖症

不登校支援ボランティアイメージ

周囲の視線に不安や恐怖を感じる症状です。特に思春期は、心身共に不安定な時期。ある意味では誰もが他者からの視線を気にするようになります。ただし、その緊張・恐怖が度を超えると、不登校や引きこもりという行動のきっかけともなり得るでしょう。
さらに「見られている感じ」から「監視されている」と、強く妄想的な考えに囚われ始めたら要注意。統合失調症の可能性もあるため、早めにお医者さんへ相談することが必要となります。

視線恐怖症について詳しく見る

うまく言葉が発せない吃音症とは

不登校の高校生イメージ

日本人の1%程度の方が悩まされていると言う吃音症。吃音症の方の約9割が、5才までにおおよそ発症すると言われる「発達性吃音」です。その独特な話し方から、特に子どもの間では、からかいやいじめの対象になりやすいとも。人前では大丈夫なふりをしていても、深く傷ついている場合もあり、それが不登校へと繋がる危険性は否定できません。「発達性吃音」の症状は、言葉の軽い繰り返しから始まることが多いよう。早期の段階で是非とも、専門家へ相談してみましょう。

吃音症について詳しく見る

異性に対して発生する異性恐怖症

「不登校の子供」の接し方イメージ

人前でも、特に異性の前で、極度に緊張したり不安になったりする症状です。その症状は「赤面恐怖症」「視線恐怖症」「会食恐怖症」「発汗恐怖症」などで様々な形で現れてくると考えられますが、それが特に、異性の前という状況で顕著な時には「異性恐怖症」の可能性も出てきます。
そのきっかけの1つとして懸念されるのが、深層にある恐怖心の源、異性に対する何らかのトラウマ体験です。異性恐怖症の原因を掘り下げていくと、実は「いじめ」や「虐待」など深刻な事由にたどり着くことも。

異性恐怖症について詳しく見る



style="display:inline-block;width:728px;height:90px"
data-ad-client="ca-pub-2485211160063521"
data-ad-slot="7408150893">