ひきこもりの原因と対策

ひきこもりの原因の1つに「不登校」があります。ひきこもりの長期化・高齢化が社会問題となりつつある昨今、不登校のお子さんを持つ親御さんは「ひきこもりへと繋がる危険性」も念頭に置く必要があるでしょう。
ひきこもりの方の場合、きちんとした就職が難しかったり、望まずにフリーターやニートにならざるを得ないケースも出てきます。「不登校」が「勉強する場所の喪失」とイコールになることは大きなリスクです。勉強が分からなくなると、将来への不安も蓄積。本人は精神的に追い詰められ、ますますひきこもり脱出の機会を失ってしまう…。例えば「家庭教師」を利用する事はそのような悪循環を避ける一手となるでしょう。
このように、不登校のみならず、家や自室からあまり出たがらなくなった時には、まず外部へと頼ることがベストな対策と言えます。やみくもに子どもを叱ることは解決方法になりません。カウンセラーやNPO、家庭教師など、経験豊富なプロの力を借りてみましょう。

ひきこもり

不登校と引きこもりの関係

不登校と引きこもりイメージ

現在、約70万人と推定されるひきこもり人口。このうち10%以上が「不登校がきっかけとなった」と回答しています。専門家に相談せず「ただ待つ」という保護者や先生のとった安易な方法が、不登校から引きこもりへの移行を許している可能性も。

不登校と引きこもりの関係を詳しく見る

引きこもりからの社会復帰

引きこもりからの社会復帰

引きこもりの方には2つの大きな特徴があります。「人間関係を構築すること」「場になじむこと」が苦手という特徴です。引きこもりから社会復帰するには、この問題に折り合いを付けなければなりません。

引きこもりからの社会復帰を詳しく見る

引きこもりカウンセラーに相談しよう

引きこもりカウンセラーイメージ

引きこもりの方の1割が「不登校がきっかけ」で引きこもった…。国の調査により、判明した事実です。そして、現在の推定引きこもり人口は、約70万人にものぼっています。こうした現状を受け「引きこもりに特化したカウンセラー」の必要性はいよいよ高まっていると言えるでしょう。不登校の専門家とも連携を取りながら、引きこもりカウンセラーを上手に利用していきましょう

引きこもりカウンセラーを詳しく見る

引きこもりからの脱出法

引きこもりからの脱出法イメージ

重度の精神疾患も疑われる長期の引きこもり。状態が深刻であるほど長引き、おまけに引きこもっているために診察も受けられないという悪循環が。そのため最近では「家庭訪問による治療」も始まっています。

引きこもりからの脱出法を詳しく見る

不登校をサポートするNPO

不登校をサポートするNPOイメージ

不登校の子どもたちを支えるための非営利団体です。2001年の「不登校児童数過去最大更新」。それを受け、2003年より「民間施設やNPOとの積極的な連携」が本格化。現在では、連携ネットワークが確立されています。

不登校をサポートするNPOを詳しく見る

引きこもりからニートへ

引きこもりからニートへイメージ

ニートは、15歳〜34歳の「非労働力でかつ、家事や通学もしていない人」を指します。適切な対処をしなかった場合、なし崩し的に「引きこもりからニートへ」と移行する可能性も高いと言えるでしょう。

引きこもりからニートへを詳しく見る

引きこもりと暴力

引きこもりと暴力イメージ

「引きこもりのとある段階では「暴力行動」が現れることも。葛藤に溺れる等、本人にとっては苦しい時期です。しかし、暴力が度を超えたとき。あるいは、暴力衝動が内に向き、自殺を試みる等する場合には、然るべき対処をしていく必要があります。
できれば暴力行為が現れる前段階から、専門家と連携することが理想的です。不登校解決の途中で家族が壊れてしまわないように。専門家やカウンセラーの利用には「その危険を回避する」という意味合いもあります。

引きこもりと暴力を詳しく見る