不登校の相談窓口

膨大な件数から考えてもわかるように、もはや不登校は家庭内だけの問題ではありません。不登校は、学校や地域などにも深く関わる「社会問題」なのです。そのため「不登校を家庭内だけで解決してしまおう」と考えるのは、すでに間違った方法とも言えるでしょう。そもそも、お子さんが不登校なってしまった場合「どうしたらよいか分からない」というのが、多くの親御さんの本音ではないでしょうか。ほとんどの親御さんにとって「我が子の不登校」は初めての経験。決して恥じることはありません。そうしたときは速やかに、外部へ助けを求めてみましょう。不登校相談センターはその代表格。この他、忙しい親御さんにも嬉しい夜間の相談窓口もあります。さらに、学校におけるいじめが不登校へ繋がっている場合などには、いじめ電話相談へ連絡する方法もありますよ。