不登校の子供との接し方

不登校の子どもと上手に接するために。まずは考えられるきっかけや原因を知らなくてはなりません。
もちろん、親御さんが適切な知識を身につけることは不登校の子供と上手に接する上でプラスです。ただし「不登校の原因は、医学、心理学、教育、社会など多岐に渡る」ため、ただ単に「愛情さえあれば全て解決する」というものではありません。

「不登校に対する先入観」を断ち切る

不登校についてのいくつかの「間違い」

不登校に対する先入観

不登校の解決を遅らせ、時には悪化させる原因となる事柄。それは「不登校に対する先入観」と言えるかも知れません。
不登校に直面したとき「なぜうちの子が…」という考えは、もはや現代には即しません。現在、不登校総数は17万人以上。特に中学生では「1クラスに1人程度は不登校の子がいてもおかしくない状態」なのです。
また「不登校は甘えだ」「反抗期だ」と単純に決めつけるのも間違い。不登校は近年「慢性疲労症候群」「起立性調節障害」「発達障害」などとの関係も指摘されています。不登校に対する情報不足が、事態を悪化させないように注意しましょう。

「不登校」はこんなにも多様

さまざまな不登校タイプをご紹介

不登校の要因は3つに大別することが可能。「家庭」「学校生活」そして「本人」にまつわる要因です。ただし、その詳細は大変複雑といえます。

不登校のタイプの一例

  • 非行タイプ
  • 無気力タイプ
  • 対人恐怖症、社会不安障害タイプ
  • 家庭内暴力タイプ
  • 心身症タイプ
  • いじめタイプ
  • ひきこもりタイプ
  • 意図的なタイプ
  • 原因不明タイプ など

不登校は現在「病気などの理由以外で年間30日以上の欠席が認められる」状態を指します。逆に言えば、それ以外の定義づけは難しく、多くのケースや原因があることが判明しています。

「上手な不登校との接し方」は「特効薬」ではない

「上手な不登校との接し方」よりも専門家へ

上手な不登校との接し方

最初に申しましたが、不登校に対して「先入観を持って対処する」ことは得策ではありません。不登校の原因にはさまざまな可能性が考えられます。100人の不登校児童がいたら「100通りの原因がある」と考えなければならないでしょう。従って「不登校との接し方」も100通りあるわけです。
不登校の正しい原因究明は、専門家を交えて行いましょう。世の中で紹介されているさまざまな「上手な不登校との接し方」は、あくまで一般論です。これを偏った形で頭ごなしに信じて疑わないことが、大きな間違いのもとです。
「不登校の子供と上手に接すること」は大切。しかしそれが「不登校解決の特効薬」ではないことも、十分に自覚しましょう。



style="display:inline-block;width:728px;height:90px"
data-ad-client="ca-pub-2485211160063521"
data-ad-slot="7408150893">

不登校の子どもとの接し方

社会との接点の必要性

子どもが不登校になった場合、最も懸念すべきことは社会との接点が失われてしまうという点ではないでしょうか。
サポート校や通信制高校などを利用することで学力低下を防ぐことは可能ですし、その後大学や専門学校等へ進学する人も増えています。しかしながら、そうして入学した新しい進学先にも再び通学しなくなって結局また中退してしまうというケースも少なくありません。これは、数年間社会と接してない状態が続いたことによる影響と無関係ではないでしょう。
不登校の根本的な解決には、社会との橋渡しの役割が欠かせないのです。そう考えたときに検討すべき選択肢が、家庭教師です。
不登校専門の家庭教師は、ただ勉強を教えてくれるだけの存在ではありません。コミュニケーションを重視し、「ありのまま」の子どもを受け入れ、勉強しやすい環境づくりをしてくれます。ひとりひとりの個性に合わせた丁寧なサポートが特徴ですので、「勉強のやり方がわからない」という悩みも解決できるでしょう。何より彼らは専門家ですから、不登校の子どもへの接し方も熟知しています。
たとえば「家庭教師のトライ」でおなじみのトライグループのように、体系的に不登校サポートに取り組んでいる機関もありますので、一度相談してみるのもよいでしょう。



style="display:inline-block;width:728px;height:90px"
data-ad-client="ca-pub-2485211160063521"
data-ad-slot="7408150893">

参考URL

  • http://www.dr-maedaclinic.jp/dk110.html
  • http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=65146