不登校の原因と本当の要因 その対策 対応方法

不登校を取り巻く現状を見つめ、その原因に迫る。そしてお子さんと親御さんの将来にとって、最も適切な対策を考える。…本サイトはその糸口を提示します。

現在、小中学生だけで10万人を超える不登校児童が存在する事実は「不登校や引きこもりが珍しいものではなくなった」ことを意味します。そのような時代では「どのお子さんがいつ、不登校や引きこもりになってもおかしくない」と言えるでしょう。不登校は心の問題や家庭問題だけでなく様々な原因と種類があることが分かっており、よって適切な対応・対策も1つではありません。不登校の相談は毎年1月から増えるのですが、これは3月の期末に向けて留年が確定してしまい、登校する気力が失われてしまうことが多いようです。1年の4分の3が終わり、1年の欠席日数が3分の1を超えてしまった、12月上旬のテスト結果が赤点で進級できないことが分かってしまった、というタイミングが1月ということのようです。また、学年が変わる4月から転校することで負荷を軽減する、もしくは環境を変えることで不登校を解消しようという動きもあります。

不登校は当事者である本人にとって辛いはずですが、それ以上に保護者のみなさんは苦しいかもしれません。「私の育て方が悪かったんだろうか」「子どもを追い詰めてしまったのではないだろうか」自分に対する自責の念はもとより、勉強が遅れてしまう、交友関係が途絶え内向的になってゆく、など我が子の将来への不安も膨らみます。しかしまずは自らを責めることを辞め、お子さんと一緒に未来を見つめましょう。不登校はもはや家庭だけの問題ではなく、学校や専門家などを交えるべき社会問題です。このように大変な経験が逆にご家族の絆を深め、お子さんをより一層成長させる足掛かりとなるよう、本サイトの情報がきっとお役に経つことでしょう。

不登校の原因と本当の要因 その対策 対応方法ピックアップニュース

不登校と引きこもり

不登校と引きこもり

小学生から高校生までの不登校サポートを行うセンターです。札幌から福岡まで全国に10の支部を持ち、在籍する74名のカウンセラーが電話や対面でのカウンセリング・コーチングによるサポートを行います。(メール相談はなし)心理検査の実施や不登校の再発防止など、きめ細かい対応で85%以上の子どもを社会復帰させている実績も。例年7,500以上の相談件数を誇ります。

不登校と引きこもりに関して詳しく見る

不登校の高校生はその後どうなる?

不登校の高校生イメージ

2011年の時点で、高校生の不登校率はおよそ1.7%。約5万6千人に及びます。
彼らのうち「中退や引きこもりも経験」した場合については、将来的にニートなどになる確率が高まると考えられます。

不登校の高校生はその後どうなる?を詳しく見る

小学校不登校相談

中学生不登校相談イメージ

現在、小学生の不登校は24,000人以上。中学生になると不登校件数も急増、より長引きやすくなりますので、適切な対応が不可欠です。なお、小学生の不登校については教育環境の他に児童自身の「発達障害」の可能性についても考慮する必要があります。

小学校不登校相談を詳しく見る

うつ病と不登校

うつ病と不登校イメージ

うつ病の症状は抑鬱状態だけではありません。「眠れない」「だるい」「頭痛」「肩こり」など身体症状もあらわれるため、学校に行きづらくなるのです。
驚くべき事に、小学生がうつ病と診断されるケースも。

うつ病と不登校についてを詳しく見る

毒親

毒親

子どもの心を無自覚に毒してしまう「毒親」。最近話題となっている「毒親」の存在もまた、不登校の原因となるでしょう。「毒親」に育てられるとコミュニケーション能力等に問題を抱えるとも。特に小学生では、家庭が原因の不登校が多いため、親御さんは細心の注意を払うべきです。

毒親に関して詳しく見る

不登校とアスペルガー

不登校とアスペルガー

自閉症の一種「アスペルガー症候群」が、不登校の隠れた原因として注目されています。「人の嫌がることをわざとやる」「変な人」などの誤解も。周囲と噛み合わず、トラブルを引き起こしたり、仲間はずれにされるなど、周囲とは違う行動が原因で不登校になるケースも少なくないようです。

不登校とアスペルガーに関して詳しく見る

登校刺激

登校刺激

不登校の子どもに対しては辛抱強く待つ。今でも、これが正しい対処法だとお考えな保護者の方は少なくないはず。しかし、「待つ対応」を全国的に採用した予後調査では「引きこもりやニートの危険性が増す」ことが判明。今や「登校刺激」のタイミングは、専門家に任せるべき仕事となったのです

登校刺激に関して詳しく見る

不登校の無気力

一般社団法人不登校支援センター

小学生から高校生までの不登校サポートを行うセンターです。札幌から福岡まで全国に10の支部を持ち、在籍する74名のカウンセラーが電話や対面でのカウンセリング・コーチングによるサポートを行います。(メール相談はなし)心理検査の実施や不登校の再発防止など、きめ細かい対応で85%以上の子どもを社会復帰させている実績も。例年7,500以上の相談件数を誇ります。

不登校児童に多い「無気力」を詳しく見る

不登校生徒には万全なサポート体制が必要です。例えば家庭教師のトライでは不登校問題に早い段階から取り組んでいます。カウンセラーと連携し、原因と対策を的確に踏まえた無理のない指導体制をいち早く確立しました。不登校でお悩みの方はもちろん、引きこもりでお悩みの方も一度ご相談されてみてはいかがでしょうか。



style="display:inline-block;width:728px;height:90px"
data-ad-client="ca-pub-2485211160063521"
data-ad-slot="7408150893">

社交不安障害〜学生生活を困難にする諸症状

これからご紹介する症状は主に「社交不安障害」(SAD)の様々な症状です。思春期から成人層期の発症が多く、悪化すると不登校や引きこもりの原因にも。成人後の社会生活に大きな悪影響を与えることもあるため充分注意が必要です。「社交不安障害」は、特に注目を浴びるような行動で、心身症状が出る点で大人しい子供がよく言われる「単なる恥ずかしがり屋」とは異なります。

赤面恐怖症

赤面恐怖症

赤面恐怖症は「人と対面したときに赤面するのではないか」と思い悩むところに大きな特徴があります。そして、実際に赤面しているとより恥ずかしさや緊張を感じるという負のスパイラルに陥ってしまうのです。これは単なる「あがり症」の域を超えており、子供本人が感じるストレスも許容量を超えているため、何らかの措置が必要となるでしょう。

赤面恐怖症について詳しく見る

視線恐怖症

視線恐怖症

周囲からの他人の視線が気になって、極度の緊張や恥ずかしさを感じる症状です。まさに「蛇に睨まれた蛙」ということわざがぴったりの状態。しかしこの症状は、実際に向けられた視線に対して恐怖を感じるのではありません。当事者にとっては他人の視線そのものが恐ろしいため「目を見て会話できない」「コミュニケーションを避ける」など円滑な社会生活が難しくなる原因となります。

視線恐怖症について詳しく見る

吃音症

吃音症

いわゆる「どもり」の症状があらわれる吃音症。言語障害や発達障害との関連も近年では指摘されています。はっきりとした原因は特定されておらず、単に心理的な原因だけとも言い切れません。吃音症は子供社会では、いじめや冷やかしの対象となりやすいほか、そのようなことがなくても些細なきっかけで自尊心が傷つきやすい症状と言えます。

吃音症について詳しく見る

異性恐怖症

異性恐怖症

異性を強く意識してしまいドギマギしてしまう…。思春期の頃には多くの方が体験する心理でしょう。しかし、ただ単に意識をするだけにとどまらず、異性と同じ空間にいることが「苦痛・不快・恐怖」となってしまったら。このレベルでは、例えば通学の電車や授業空間にも耐えられないなど、日常生活が引きこもり生活に発展するような、大きな支障をきたすことになります。

異性恐怖症について詳しく見る

不登校解決のための施設

現在、不登校解決をサポートする様々な施設があります。そうした施設は主に「不登校の解決=再登校を目指す施設」と「不登校生徒に新しい環境を提供する施設」の2つに大別できるでしょう。どちらを利用すべきかについては、保護者だけで決めず、当事者であるお子さんともよく相談の上決めて下さい。なお、専門家やカウンセラーに意見や支持を仰いでおけば、選択ミスを防ぐこともできます。

一般社団法人不登校支援センター

一般社団法人不登校支援センター

小学生から高校生までの不登校サポートを行うセンターです。札幌から福岡まで全国に10の支部を持ち、在籍する74名のカウンセラーが電話や対面でのカウンセリング・コーチングによるサポートを行います。(メール相談はなし)心理検査の実施や不登校の再発防止など、きめ細かい対応で85%以上の子どもを社会復帰させている実績も。例年7,500以上の相談件数を誇ります。

一般社団法人不登校支援センターについて詳しく見る

不登校【フリースクール】

不登校【フリースクール】

学校に行けない子どもたちのための民間教育機関です。「広い意味での学び環境」や「居場所」を提供するなどして、不登校問題をサポートしています。場合によっては、学校に登校しなくてもフリースクールを利用することで、在籍学校で「出席扱い」になることも。全寮制や寄宿制もあるなど、フリースクールではそれぞれが特色をもっていると言えるでしょう。

不登校【フリースクール】

不登校【サポート校】

不登校【サポート校】

フリースクール同様、不登校の子どもたちを支援する民間機関です。しかしサポート校は「高等学校卒業程度認定試験」の合格を目指すという大きな特徴が。そのため、通信制高校との併用が一般的です。子供たちの「心の回復が最優先」「広い視野を得たい」という場合には、フリースクールを。進学を積極的に考えたい場合には、通信制高校やサポート校を選ぶと良いでしょう。

不登校【サポート校】

通信制高校

通信制高校

不登校の方のみならず、仕事を持つ方、高校中退者の方も利用する通信制高校。決められたレポート提出とスクーリング(年何回かの登校)、そしてテストによって単位認定されます。課題は郵送やネットで送付できるため、登校がほとんど必要ない点も大きな特徴です。勿論、学習で困ったことは随時相談できます。なお、多くの通信制高校では、年2回の入学が行われています。

通信制高校について詳しく見る